マンションの売却費用について

マンションの売却費用について

マンションを売却する際には、入るお金ばかりではありません。
不動産業者に販売活動を依頼したりしますので、様々なお金が必要になります。

どんな費用がかかるかというと、主には不動産業者に依頼すると仲介手数料がかかります。
その他、所得税などの税金関係なども含まれます。

仲介手数料

仲介手数料は法律で、業者がとれる報酬が決まっています。
200万円以下⇒仲介手数料5.4%
200万円超〜400万円以下⇒仲介手数料4.32%
400万円超⇒仲介手数料3.24%

上記の計算方式になりますので、あらかじめ計算する事ができます。
あくまでも上限なので、業者によってはもっと安くしてくれるという所も存在しますので、確認しておきましょう。

その他の経費

不動産業者に依頼する際には、基本的には仲介手数料のみなのですが、特別に広告を依頼主側から依頼すると、広告費用がかかります。
その他、営業担当者がマンション売却の為に遠隔地へ行く際の交通費なども必要になりますが、業者によっても異なります。
ですから、契約の前には仲介手数料の他にどんな費用がかかるのかは把握しておいた方が良いでしょう。

また、マンションの売却後に権利を移転させるための手続きも必要になります。
司法書士に依頼すると、手数料がとられますので、その分の費用も計算に入れておかなければなりません。
相場としては、7万円〜15万円程度になるようです。
不動産業者の中には司法書士などと提携をしている所もありますので、心配な方に関しては質問をしておいても良いのでないでしょうか。

税金

個人の居住用の不動産であれば3.000万円の控除があるという事で、高額な物件を売る場合以外には課税される事はありませんが、確認は必要です。
確定申告をせずに、追加徴収されたというケースもありますので、注意しましょう。

契約書を作成する際に収入印紙を貼らなければなりませんので、そちらのお金も用意しておく必要があります。
収入印紙に関しては、下記の通りです。
1,000万円超から5,000万円以下⇒1万5千円
5,000万円超から1億円以下⇒4万5千円
1億円超から5億円以下⇒8万円

基本的な不動産の売却に関わる費用というのは上記の通りになりますが、その他、かかる費用がある可能性がありますので、必ず契約前に業者に確認はしておきましょう。