マンション売却の流れとは?

マンション売却の流れとは?

マンション売却の流れについて記載していきたいと思います。
通常であれば、不動産業者に売却活動を依頼します。
ですが、売却イメージを理解しておくという意味でも売却の流れを知るという事は非常に重要な事です。

【マンション売却流れとは?】

1.情報収集

何をするにしてもそうなのですが、特にマンションの売却となると、高額取引になりますので、しっかりとした情報収集が必要になります。
基礎知識はもちろんですが、どの不動産業者に依頼するのか、ホームページを確認したり、口コミや評判を確認したりします。
まず始めに行わなくてはいけない事としては、売却の相場を知るという事です。

矢印

2.不動産業者の選定

マンションを売却する際には必ず不動産業者に依頼をします。
しかしながら、全国に星の数ほどある業者を探すというのは一筋縄ではいきません。
中には悪徳業者も存在しますので、下手をすると大きな損失をしてしまう可能性があります。
⇒「不動産業者の選び方の絶対条件について

矢印

3.査定

気になる業者があれば、査定依頼をします。
査定をする事で、自分の家がだいたいどの位の価値があるのかを知る事ができます。
一括査定のような「簡易査定」と、実際に業者が訪問をする「訪問査定」というものがあります。
訪問査定をすると正確な価格が分かりますが、手間がかかります。

矢印

4.媒介契約

実際に査定をしてもらって、査定額や担当者の対応を見極め、気になる業者と媒介契約を締結します。
媒介契約をすると、不動産業者が売却活動をスタートしてくれます。
媒介契約には、3種類の方法がありますので、どの契約にするのかを決めておきましょう。
⇒「媒介契約についてはこちらを参照してください

矢印

5.売却開始

不動産業者が、レインズの登録や自社ホームページの掲載、各種ネット媒体への掲載、折り込みチラシの宣伝などを行ってくれます。

矢印

6.内覧

購入希望者が現れると、内覧というものを行います。
⇒「内覧についてはこちらを参照してください
内覧で部屋を見学した後、気に入れば購入をするという流れになります。

矢印

7.売買契約

購入希望者が正式に購入の意思を表示したら、売主と買主とで売買契約を交わします。
不動産業者が書類を作成してくれますし、説明も全て行ってくれますので、同席するだけで問題ありません。

矢印

8.売却後

売却したら終わりというわけではありません。
登記簿の変更や抵当権の抹消のために、司法書士とのやり取りがありますし、確定申告などの税金に関しても考える必要があります。
分からない事は、不動産業者に質問をしておくと良いでしょう。
こういった所でもしっかりと対応してくれる不動産業者を選定できると良いですね。

マンションの売却の流れというのは上記に記載した通りが、通常の流れになります。
ただし、状況によっても変化してきますので、随時不動産業者とスケジュールについては話し合いをしておくと良いと思います。