長期間で空き家にしていたマンションの売却とは?

長期間で空き家にしていたマンションの売却とは?

長期間で空き家にしていた場合のマンションの売却について記載しているページです。
転勤などが理由で長い間、マンションに住んでいなかったという事もあり得る話しで、そういった物件の売却方法に悩んでいる方もいるでしょう。

結論を言うと、長期間使用していなかったとしても問題なく売る事ができます。
しかし、長期間住んでいなかったという事もあって、設備に不備がある場合がありますので、そういった場合には修理をする必要がある可能性があります。
設備の中には、エアコンや照明、水回りなどがあげられます。

マンション売却の際には、付帯設備票というものがあるのですが、そちらの表をチェックする必要があります。
ですから、売ろうとしている物件が長距離にあったとしても一度見に行く必要があるという事も注意しなければなりません。

自分では分からない事も多いと思いますので、物件を見に行く際には不動産業者と一緒に行く事をオススメします。

注意点

付帯設備表というものを記載するのですが、この表がもしも「使用可能」という事になっていて、実際に使用したら壊れていたという事になれば、修理費用がかかります。
設備の修理費用は意外に良い金額になりますので、余分な費用をかけないためにも、しっかりとチェックしておきましょう。