共有名義のマンションの売却をするには?

共有名義のマンションの売却をするには?

共有名義のマンションの売却について記載していきます。
マンションの売却と言っても、個人で売却をするという人もいれば、家族などと共有名義で売却を検討しているという方と様々です。

共有名義の場合には、全員が売却に賛成という事であれば、全く問題ないのですが、誰かが反対をしているという場合もあるでしょう。
一人でも反対をしている場合には売却が難しくなります。

自分の持ち分の範囲で売却を行う事は問題なくできます。
しかしながら、売れる可能性は低いと言えます。
自分が購入希望者になったと想像してもらうと分かりやすいのですが、誰かと共有しているマンションをわざわざ購入しようと思いますか?
そんな事はありませんよね。

さらに、3人以上の複数で共有している場合にはもっと複雑になります。
一つ例をあげると…

A:2分の1
B:4分の1
C:4分の1

上記の持ち分だった場合には、B、Cの場合には売れる事はまずありません。
2分の1の権利を持っている人に効力が劣るからです。
自分の思っている事が反映されないというのは、マンションを取り扱うとなると、デメリットが大きいと言えます。

共有名義のマンションの効率の良い売却方法

共有名義のマンションを売却する際に、一番効率の良い方法としては、名義をまとめるという事です。
ですから、売却を検討している方で、他の人に拒否をされているのであれば、お金を払って名義分を購入した方が良いのです。
もしも、名義変更をする際には費用はかかりますが、司法書士に依頼する事をオススメします。
知り合い同士でもトラブルになる可能性もありますし、手間もかかります。
ですから、プロに依頼した方がスムーズでオススメなのです。