借地権のマンションを売却する場合には?

借地権のマンションを売却する場合には?

借地権が設置されているマンションは売却する事が可能なのでしょうか。
マンションの場合には、土地の部分に関しては、共有という事で敷地権が設定されています。

敷地権とは、土地の上に建物を建てる事ができる権利の事です。

マンションを購入する際には、この敷地権と一緒に部屋を購入します。
ですから、敷地権が設定されている場合でもマンションを売却する事ができます。

敷地権の場合には問題ないのですが、借地権の場合には少し事情が異なります。

借地権の場合には、建物部分は自分の所有権になっていたとしても、期限付きで土地を借りている状態なので、土地は別人の所有者という事になります。

この借地権が設定している場合でも売却をする事ができます。
しかし、価格が安めに設定される事が多く、注意が必要になります。
売却額に関しては、不動産業者と相談しながら決めていくと良いでしょう。

なぜ、売却額が安くなるのかというと、土地を借りているわけですから、使用するには、毎月に渡って借地料というものを支払わなければなりません。

さらに、注意点としては、借地権のマンションの場合にはローンが通りにくいというデメリットがあります。
ですから、購入希望者に関しても少し絞られるので、購入希望者が見つかったとしても、ローンが通らずに購入できないという状況が出てくるわけです。

その辺の対策などに関しても、プロである不動産業者に一度相談してみる事をオススメします。