マンション売却時の印紙税について

マンション売却時の印紙税について

マンション売却時には印紙税の事も考えなくてはいけません。
売買を成立をすると売買契約書を記載するのですが、売買契約書には必ず印紙というものを貼ります。
通常、売買契約書というのは、売主と買主の2通の作成をします。
ですから、2通分の印紙税を支払う必要があるというわけですね。

特殊な例もあります。
買主が個人ではなく、不動産業者だった場合には、売買契約書を1通作成して、原本を業者が、コピーを売主が保管します。
ですから、印紙税も1通分で良いので、誰が負担するのかというのは事前に話し合いをしておかなければなりません。

印紙税の料金

マンション売買取引額:印紙税
100万円超から500万円以下:2,000円
500万円超から1,000万円以下:10,000円
1,000万円超から5,000万円以下:20,000円
5,000万円超から1億円以下:60,000円
1億円超から5億円以下:100,000円
5億円超から50億円以下:400,000円
金額の記載のないもの:200円

収入印紙は、郵便局やコンビニで購入する事ができます。
あらかじめ購入しておく必要がありますので、金額を不動産業者に確認をしておきましょう。
印紙税は高いのですが、契約書には必ず必要になる税金です。
不正をして、脱税をした場合には、懲役1年以下もしくは20万円以下の罰金、または両方という可能性になる場合があります。
居住用のマンションであれば、2万円くらいが一般的な金額になります。
バレるものですから、絶対に不正をするような事は避けてください。