マンション売却時に家具について

マンション売却時に家具について

マンション売却時の家具について記載しているページです。
売却後に新居にうつるという事で決まっている場合には、家具の移動についてどうしようか疑問に思う方もいるかと思います。
引越しをするにしても、家具などが沢山あると料金も高くなりますし、使わないものがあれば出来るだけ処分をした方が良いと思います。

家具の処分方法とは?

家具の処分方法ですが、オークションという方法があります。
買取店に売るという方法もありますが、オークションに売った方が高く売れる可能性がありますので、オススメです。
しかしながら、新居が急遽決まった場合には、オークションで行っている暇もないという方もいると思います。
そんな時には、家具を置いていくという方法もあります。
今でも、賃貸をする際に、「家具付き」というものがブランドになっている位ですから、売却の時にも有効な手段です。
ただし注意しなければならないのが、家具を置いていったとしても、それをステータスとして売却に有利という事にはなりにくいという事。
あくまでもサービスで置いていったという感覚にしておきましょう。

家具を置いていく場合の注意点

もしも、買主が家具がほしいと言った場合に、注意する事があります。
それは、アフターフォローはしないという事を明確にしておく必要があるという事です。
壊れたら修理をするという事を思っている方もいます。
しかし、そんな事をしてしまったら、マンション売却時に家具を置いていった意味がなくなります。
アフターフォローをしないという事は、契約書に記載をするか、ボイスレコーダーで記録しておく事をオススメします。
口頭だけの契約になるとトラブルになる可能性もありますので、注意しましょう。