マンション売却と築年数の関係性とは?

マンション売却と築年数の関係性について

マンションを売却する際に築年数が関係するというのは、ご存知だと思います。
築年数というのは、どの位影響があるのかという事について記載していきます。

結論から言うと、築年数自体でそこまで変動するという事はありません。
極端な例で言うと、築年数5年と30年と言ったら、やはり大きな差は出てくると思います。
購入者的には、築年数が2年くらいしか変わらないような物件に関しては、年数など気にしません。
築年数よりも立地条件や内装、外装などが特に重要になりますので、注意してください。
新しいに越した事はありませんが、さほどきにする必要はありません。

例外

例外として、マンションの売却期間がだいたい10年という事もありますので、その時期がひとつの目安となっているようです。
数字によってだいぶ見え方というのは異なります。
例えば、1,000円のものが980円で20円しか安くなってないのにも関わらず、かなり安くなったように見えます。
この原理を利用して、築年数が10年以降の2桁になるよりも、9年より前の1桁で表示した方が見た目が良くなります。

まとめ

築年数を気にして、不動産の売り時を逃すという事は絶対にあってはいけません。
さほど、変わりはありませんので、気にせずに不動産業者に相談する事をオススメします。
もしも、10年のような節目の場合には、狙って売却しても良いかもしれませんね。
準備期間も売却活動にはある程度必要になりますので、注意してください。